英単語の覚え方! 「語義」ではなく「コアイメージ」で!

354

タイトル画像:Dr. Marcus Gossler [CC BY-SA]

英単語の覚え方で悩んでいませんか?
英単語帳やアプリ、英和辞典には、単語の意味、つまり、「語義」が載っていますが、「語義」を単語ごとに覚えるのは得策ではありません。
ここでは、単語の「コアイメージ」に着目して、暗記の効率をアップさせる方法をご紹介します。

単語の「語義」はキリがない

たとえば、state という「見出し語」であれば、「語義」は下記のようになっています。

「主な意味:状態、ありさま、様子、興奮状態、威厳、威儀、荘厳、公式、国家、国」(https://ejje.weblio.jp/content/state)

「見出し語」は state ひとつなのに、「語義」(見出し語の日本語訳)ってたくさんありますね。
なぜかというと、state の意味(=語義)は文脈によって変わりますし、それを日本語で表現しようとすると、それぞれ固有の日本語を充てなければならないからです。

state という単語の意味は、「状態、ありさま、様子、興奮状態、威厳、威儀、荘厳、公式、国家、国」…。
学校ではこのように習いますが、こうした単語学習は、どんどん枝葉末節に入っていくばかりで、キリがありません。

単語の本質=「コアイメージ」

そこで、単語の持つ「本質」を把握しよう、ということで、「コアイメージ」という考え方が出てきました。
weblio では、単に「コア」と呼んでいます。
state の「コア」は、下記のとおりです。

「(立っている)状態」(https://ejje.weblio.jp/content/state)

じつにシンプルですね! 
語義は、「状態、ありさま、様子、興奮状態、威厳、威儀、荘厳、公式、国家、国」なのに、
コアイメージは、「(立っている)状態」…! コレだけ。

英語を母国語とする人々は、state という単語の本質を、「(立っている)状態」ととらえていて、科学の話題なら「solid state 固体状態、liquid state 液体状態…」、政治経済の話題なら「state 国家」、といった応用展開を自由自在に行っているわけです。

ちなみに、「単語の本質」という意味での「コアイメージ」は、じつは和製英語です。
Core image を Wikipedia で調べると、Apple の OS に関係する IT 用語のようです。

なぜ、英語で、「単語の本質」のことを「コアイメージ」と呼ばないのか…。

おそらく、英語を母国語とする人々にとって、単語集や辞書に載っている「多数の語義のウラに、単語の持つ本質的な意味・概念がある」ということは、自明のことなんでしょうね。

state は、シンプルに「(立っている)状態」を意味する、ということは「暗黙の了解」。
だから、「コアイメージ」なんてことを声高に言う必要がなのでしょう。

「コアイメージ」をあえて英語にするなら、concept(概念)あるいは substance(実質・実体)といった表現になるでしょうか。
(私の英語力はそれほど高くないので、ドンピシャリかどうかは、分かりません。)

コアイメージの把握=「語源」を知る

さて、コアイメージを把握するには、「語源」に遡るといいです。

state の語源は、印欧祖語・語根の「*stā-で、「*stā- 」のコアイメージは、「しっかりと立つ」です。

「*stā-」という語源から派生した単語、つまり、語源を同じくする単語(同源語)は、TOEIC 4,060語のなかに、63語もあります。

例:語源 *stā- のコアイメージ

「*stā-」の同源語 63語それぞれのコアイメージを例示します。
「*stā-」のバリエーションとして、STA、STE、ST、STI、STO、STI・ST があります(分かりやすくするために、大文字にしてあります)。

凡例
○【英単語】【語義】
 【英単語の分析】
 【コアイメージ】

STA

  • stand 立つ・ある
    STA・nd
    立つ
  • newsstand 新聞などの売店
    news・STA・nd
    新聞など・立つ
  • understand 理解する
    under・STA・nd
    あいだに・立つ(under<inter, among)
  • outstanding 傑出した
    out・STA・nd・ing
    外に・立って・いる
  • stay 留まる
    STA・y
    立って・いる
  • stable 安定した
    STA・ble
    立って・いられる
  • stability 安定
    STA・bil・ity
    立って・いられる・こと
  • establish 設立する
    e・STA・bli・sh
    立って・いられる・ようにする
  • establishment 設立
    e・STA・bli・sh・ment
    立って・いられる・ようにする・こと
  • state 状態・国
    STA・te
    立っている・状態
  • estate 地所・財産
    e・STA・te
    立っている・状態
  • statement 状態を述べる・陳述
    STA・te・ment
    立っている・状態・の成果物
  • restatement 言い直し
    re・STA・te・ment
    戻して・立っている・状態・の成果物
  • statue 彫像
    STA・tue
    立っている・もの
  • status 地位・身分
    STA・tus
    立っている・状態
  • statistic 統計値
    STA・t・istic
    立っている・状態(<statistics)
  • statistics 統計学
    STA・t・istic・s
    立っている・状態・の・学
  • station 駅
    STA・tion
    立っている・もの(場所)
  • stationery 文房具
    STA・tion・ery
    立っている・もの(集合物)
  • stage ステージ
    STA・ge
    立っている・囲い

STE

  • steady 安定した
    STE・ady
    立つ・動かない
  • steadily 安定して
    STE・adi・ly
    立つ・動かない・状態で
  • instead その代わり
    in・STE・ad
    異なる・立つ・動かない(in<not)
  • steer 舵
    STE・er
    立つ・手段(ある場所に立つ>行く)
  • stem 幹
    STE・m
    立つ・中心
  • system システム
    sy(n)・STE・m
    一緒に・立つ・中心(要素の統合体)

ST

  • cost 費用
    co・ST
    ともに・立つ
  • costly 高価な
    co・ST・ly
    ともに・立つ・状態の
  • contrast 対照・対比
    con・tra・ST
    ともに・向かって・立つ
  • post 掲示する
    po・ST
    前に・立つ
  • poster 掲示物・ポスター
    po・ST・er
    前に・立つ・もの
  • arrest 逮捕する・阻む
    a(d)・re・ST
    向ける・戻って・立つ
  • circumstance 状況・境遇
    circum・ST・ance
    まわりに・立って・いるもの
  • distant 距離のある・遠い
    di・ST・ant
    離れて・立って・いる
  • distance 距離
    di・ST・ance
    離れて・立って・いるもの
  • instance 事例
    in・ST・ance
    近くに・立って・いるもの(in<near)
  • constant 不変の・一定の
    con・ST・ant
    ともに・立って・いる
  • constantly 絶えず
    con・ST・ant・ly
    ともに・立って・いる・状態で
  • substance 物質
    sub・ST・ance
    下に・立って・いるもの
  • substantial 実態のある
    sub・ST・ant・ial
    下に・立って・いる・ものの
  • substantially 実質的に
    sub・ST・ant・ial・ly
    下に・立って・いる・ものの・状態で

STI

  • institute 制定する
    in・STI・tute
    中に・立た・せる
  • institution 制度・施設
    in・STI・tut・ion
    中に・立た・せる・こと
  • institutional 制度・施設の
    in・STI・tut・ion・al
    中に・立た・せる・こと・の
  • constitute 構成する
    con・STI・tute
    ともに・立た・せる
  • substitute 代替する
    sub・STI・tute
    下に・立た・せる
  • destination 行き先・到着地
    de・STI・na・tion
    離れて・立た・せる・ところ

STO

  • storage 保管・倉庫
    STO・ra・ge
    立た・せる・囲い
  • store 店・蓄える
    STO・re
    立た・せる
  • bookstore 書店
    book・STO・re
    本・立た・せる
  • restaurant レストラン(鋭気を養う処)
    re・STAU・r・ant
    戻して・立た・せる(ところ)
  • restore 修理する
    re・STO・re
    戻して・立た・せる

STI・ST

  • assist 援助する
    a(d)・S(T)I・ST
    向ける・しっかり・立つ
  • assistance 援助
    a(d)・S(T)I・ST・ance
    向ける・しっかり・立って・いるもの
  • assistant 援助者・アシスタント
    a(d)・S(T)I・ST・ant
    向ける・しっかり・立って・いる(人)
  • consist 成り立つ
    con・S(T)I・ST
    ともに・しっかり・立つ
  • consistent 成り立っている・一貫した
    con・S(T)I・ST・ent
    ともに・しっかり・立って・いる
  • consistently 一貫して
    con・S(T)I・ST・ent・ly
    ともに・しっかり・立って・いる・状態で
  • exist 存在する
    ex・(ST)I・ST
    露わに・しっかり・立つ
  • existence 存在
    ex・(ST)I・ST・ence
    露わに・しっかり・立って・いるもの
  • insist 言い張る
    in・S(T)I・ST
    中に・しっかり・立つ
  • resist 抵抗する
    re・S(T)I・ST
    戻して・しっかり・立つ
  • resistance 抵抗
    re・S(T)I・ST・ance
    戻して・しっかり・立って・いるもの

まとめ:単語は「語源とコアイメージ」!

英単語の暗記法として大事なのは、「語義」ではなく、「語源」や「コアイメージ」に着目すると効率的です!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。